私も「ブス」で「ダサく」て「ガサツ」だった


先週末は連日イベントを主催させていただきましたドキドキ

 

土曜日はイケメン占い師 四つ薔先生のお茶会でコンシェルジュをキラキラ

仲良しの奈々子ちゃんにサポートしていただいてsss

 

日曜日は美奈子さんの美味しいランチ付きナイフとフォークベリーダンス体験レッスンキラキラ

このお弁当が美味しすぎて卒倒しそうでしたデレデレ

少人数ながら気持ちを込めてレッスンを受けてくださる方ばかりで私も踊った充実感がありました目

そして、私の顔が思いっきり寝起きwww

 

2日間共とても中身が濃く、私自身も楽しくお話させていただくことが出来ました。
四つ薔先生、奈々子ちゃん、美菜子さん。

そして参加してくださった皆さん本当にありがとうございましたラブラブ

 

さて。

面白いもので、2日間共通した質問をいただきました。

 

「女性らしくなるにはどうしたらいいですか?」

「綺麗になるにはどうしたらいいですか?」

 

私にこんな質問を投げかけてくれてとても嬉しいですラブ

会場でお話した通り、仕草や外見はちょっとした意識や研究で結構簡単に身につきます。

 

家に戻ってから改めて考えてみたのですが、

 

「今の自分を自分がどう思っているか知ってください」

「どんな女性で在りたいと自分が思っているか知ってください」

 

ということを加えてお伝えしたいです。

 

今でこそこんな質問をしていただけるようになった私ですが、

 

私だって「ブス」でしたし「ダサかった」し「ガサツ」で、どう在りたいかなんてスッカラカンでした。

 

「ブス」と叩かれたこともあれば「ゴリラ」といじめられたこともあります。

ファッションもメイクも、なりきれないギャルになってみたりバンギャ丸出しになってみたり…かなりの勢いで迷走しましたw

女性らしい仕草なんて考えたこともなかった。

 

そんな私の変身は、

 

「私は可愛くないしダサくて女らしくない」

 

ことを自覚するところからのスタートしました。

あ、きっかけは別な世界の人だと思っていた男性から突然連絡がきたからです。ヤベェ…と焦って何とか磨くしかなかったんです。

 

今の私は醜いわ真顔そんなの嫌だビックリマーク

その気持ちを認めたから、赤文字系雑誌を買い漁り、自分で出来ないなら真似しかないビックリマークとファッションもメイクも好きなモデルさん女優さんを出来る限り真似しました。

それだけで外見は何とかマイナスから人並みくらいに整った。

 

その上で、

色やラインやテイストは?質感はどういうものが好きなのか、

どんな仕草や動きがこれを着た私を魅力的に見せてくれるのか、

どういう自分を鏡で眺めたら嬉しいのか、

どう人から見られてどう扱われたら嬉しいのか、

を少しずつ見つけていきました。

 

私は【流行を踏まえていて、上品で、ほんのりセクシー】であることを意識して服やメイク、自分の仕草を選んでいます。

そして【一目置かれる女】で在りたいと思っています。あと篠原涼子になりたいでーす。

 

コンサルの一環としてお買い物同行したりもしますが、必ず「どんな女性で在りたいか」を自分なりに決めてきてくださいねと伝えています。

これがあるのとないのでは選ぶ物も満足感も大違いなんですよ!!!!

ないとおっしゃる方は提案しても自分で決められないですし、こういう自分でいたいんですという方は私が提案した上で自分で選択したり意見を返してくれます。

 

洋服やコスメ、いい女とはこうだ、こうすれば愛されると溢れかえる情報よりも

 

今の自分自身はどうなのか

そして、これからどういう自分で生きたいか

 

まずはこれを知るのが綺麗の近道だなーと、経験を通して感じます。

 

何か一つ位ダメでも死にませんし、他人はそんなに注目してないです。

なので安心して自分の「好き」を選んでください。

 

イベントで私に質問してくださった方それぞれの弱点があり、美しさの個性があります。

それを誰よりも理解してあげられるのは自分自身です。

ちょっと怖いかもしれませんが、今より少しだけ自分に目を向けてみてください音譜

 

私自身も新しい発見がありました。

 

土曜日に着ていたワンピース。

とてもお気に入りで、ずっとデートや特別な食事会などでしか着ていなかったのです。

今回久しぶりに袖を通してみて、今の私の「好き」という感情や「美しい」の基準からは外れてしまっていることに気付きました。

 

こんな風に自分は常に変化しています。

その瞬間の心に敏感に、私も更に自分らしい美しさを楽しんでいきたいですラブラブ

 

Related Entry

NO IMAGE

ドロドロでキラキラしている、それが「女」

NO IMAGE

私からのギフトたっぷりの一ヶ月を過ごして

NO IMAGE

「世界は優しい」とか言われてもわかんなかったし

NO IMAGE

お母さん、大嫌いだったけどずっと大好きだったよ

【自分を大切に】 それはもう知ってるの!

きっかけは玉子焼き