「結婚したい」それ本当?


「大好きな彼と結婚したい」

 

これが私の最大の願いです。

 

でも何よりも難しく、とてもとても私から遠いところにあるように感じる願いごと。

この願いを叶えたくて、潜在意識を知り、自分に向き合ってきたと言っても過言ではありません。

 

どうしたら叶うんだろう?

私に出来ることは何だろう?

 

もう何年も願って願って、時には目の前に近づいたー!?と思ってもまたすぐに遠のいて…。

 

流れに任せるのも何もしていないようで不安。

何か頑張ってないと怖い。

早く何とかしなくちゃ彼を失いそうで。

でもハッキリ言うのも嫌われそうで怖い。

上手くいってないと周りにも思われたくない。

焦れば焦るほど事態は何も動かないし、執着しまくってるし、待つしか出来ないの?と堂々巡りの日々です。

 

でも、ちょっと待って。

 

私は本当に「結婚したい」と思っているんだろうか?チーン

 

と、ある日ふと思ってしまった。

 

…あれ?

……「したい」というよりは、「結婚しなくちゃ」って気持ちの方が大きくね?滝汗

 

長年付き合ってるのに変と周りに思われたくないとか

両親に花嫁姿を見せるのが娘の責任だとか

親戚が色々言ってくるのは面倒だからとか

もういい歳だからとか

「結婚出来ない=女として落ちこぼれ」だと思われたくないとか

経済的に安心したいとか

他の女に奪われたくないとか

 

「何で結婚したいの?」と自分に問いかけてみても、

 

一緒にいたいからとか

共有したいからとか

大好きだからとか

 

そういう胸が高鳴ったりキュンとするような理由よりも、

 

自分の足りない部分を補う為、

世間の目を気にして「ダメな私」から逃げる為に

 

「結婚しなくちゃ」「結婚すればその苦しみから解放される」という思いの方が大きいです。

 

相手が彼であれ、彼以外の誰かであれ、「結婚」に対して実はな~んにもときめいていない私がそこにはいましたorz

彼でも玉木宏でも変わりません。

 

蓋を開けてみれば私にとって結婚とは、安定と同時に

大人の義務であり

不自由であり

苦労であり

我慢であり

相手を簡単に失うことがない契約であり

家族にはなるけど女ではなくなることであり

奪われる立場に怯えることでした。

 

…コレは我ながらなかなか酷いと。

したいしたいと言いながら、彼にも無言の圧力をかけておきながら、当の本人がこのザマですからねチーン

 

結婚出来ないのは彼が問題でも、仕事が問題でもありません。

結局のところ「私」です。

したいとも本音では思ってないし、何なら彼とか仕事を理由にしておけば私は同情してもらえるポジションがとれる、というこの覚悟のなさ。

 

結婚に対してキラキラした感情が思った以上になかったことに、自分で結構なショックを受けました。

 

まさかこの私が…。

今更嘘でしょ…。

でも確かにウェディングフェアのページとか嫌いだわ。。。すっ飛ばしてた。

 

したくない気持ちよりは確かに小さいけれど、

彼のことが大好きで、

彼の「大好き」という気持ちも受け取りたくて、

毎日一緒の家に帰りたい私も、

色んな物事を一緒に見たり味わったり共有したい私も、

どんな時も一番そばにいたいと思ってる私も

ただ毎日隣りで眠りたい私もいます。

 

「結婚したくない私」も、「結婚したい私」も、確かにどちらもいるんです。

 

今は「結婚したくない」気持ちが大きい私だけど、その気持ちに気付けたのは良かったと思っています。意外すぎてひっくり返ったけど。

 

どう繕っても今はこれがそのままの「私」だから。

 

闇雲にパワースポットを巡ったり、彼にばかり責任を持たせるのはもうやめて、今はじっくり自分自身と会話をしようと思います。

 

まずは私自身が私の一番の幸せを聞いて、ひとつずつ叶えてあげよう。

私を幸せにするのは彼ではなく、まずは私から。

 

そんなの泥臭くてカッコ悪いかなーなんて思っていたけど、カッコ悪くてもどう見られてもいいから、私自身を幸せにすることにこれからもっと本気で取り組みます。

 

Related Entry

願いが叶う行動力のヒミツ

NO IMAGE

私がわたしを嫌いだったワケ

オスカルにはなれても、男にはなれない

【自分を大切に】 それはもう知ってるの!

NO IMAGE

「世界は優しい」とか言われてもわかんなかったし

NO IMAGE

私からのギフトたっぷりの一ヶ月を過ごして